ビデオ カメラにも使える三脚で安いうえにおすすめのメーカーのものは?

運動会や学芸会、子供のスポーツの試合などでビデオ カメラで撮影する時には三脚があると便利です。

私の購入した三脚2種類

でもいったいどの三脚を購入すれば良いのかがわからない…というあなたに、私が購入した2種類の安い価格帯の三脚を比較しながらご紹介します。

スポンサードリンク

私の三脚の選び方の基準は?

人によってどのような三脚が欲しいか?というのは違いますよね。

私の場合、はじめての三脚購入なので安価で手軽なもの、でも登山に持参するわけではないので重いよりは軽いほうがいいけど軽量タイプにはそんなにこだわりはありませんでした。

Amazonで三脚のレビューをチェックしていくと、2,000円以下のものはスグに壊れてしまったという口コミが多かったので大体3,000円くらいを目安に機種選定。

あとは高さがどの程度になるかをチェック!

運動会や学芸会などの場合に、人の頭を超えて撮影しなければならない場合もあるかな?と想定して出来るだけ高さが出るものがいいなと考えたのです。

Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段が一台目に購入した三脚でした

そして購入したのがAmazonのオリジナルブランド=Amazonベーシックの三脚。

B005KP473Q Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段 中型 3WAY雲台 アルミ(キャリングバッグ付)
AmazonBasics 2012-01-06

by G-Tools

Amazonベーシックの三脚にはもっと安いものもありますが、そちらだと全高が120cmだったので却下。

でもこちらのものは全高158cmなのが魅力的でした。
重量は約1.4kg。

またAmazonベーシックならではのサービスで、1年間日本国内保証付きなんです。

口コミレビューでも高評価だったのも決め手になりました。

の接地面ゴムスパイク

三脚を収納して持ち運びしやすいバッグ付き。

使い勝手がとても良くて気に入っていたのですが、使用開始から約1年半で脚の一か所のロックが壊れて生まれたてのヤギの脚のような状態に・・・。

壊れてしまったAmazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段の脚のロック部分

そのまま使えないこともなかったですが、使用してる最中にポキッと折れたら目も当てられないと思って新しいものを購入することにしました。

SLIK 三脚 GX 6400 4段 レバーロック 21mmパイプ径が二台目に購入した三脚です

一台目のAmazonベーシックの三脚は使い勝手はよかったのでまた購入しようか迷ったのですが、毎日使うものでもないのに1年半で壊れてしまったことがちょっと不満でした。

そこで違うものを使ってみようと、またAmazonで三脚をチェック。

一台目より1,000円弱ほど高くなりますが、全高154cmならそんなに一台目と変わらないし、重量1.075kgということで軽くなるのが良いなぁと思ってこれをチョイスしました。

B018JVZS9O SLIK 三脚 GX 6400 4段 レバーロック 21mmパイプ径 3ウェイ雲台 クイックシュー式 216835
スリック 2015-12-11

by G-Tools

4段なので小さめに折りたためることも良い点です。
もちろん持ち運びのための収納バッグも付属しています。

SLIK 三脚 GX 6400 4段のロックと接地面

ちなみにこのメーカーの名前を【シルク】だと思っていたのですが、あとになって【スリック】ということに気が付きました。思い込みでSLIKをSILKと読んでいた、おっちょこちょいな私です(笑)

スポンサードリンク

Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段とSLIK 三脚 GX 6400 4段を比較した感想

では実際に使ってみた感想を、それぞれ挙げてみますね。

【Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段】

○ロックを外すと脚がスーッと重力で伸びるのがとてもラク
○雲台にセットするクイックシューの取り外しがスムーズ
○本体に持ち手がついているので持ち運びの時に便利
○3段なので折りたたみ時にラク
☓ちょっと重い
☓三段なのでちょっと大きめ

【SLIK 三脚 GX 6400 4段】

○軽いので持ち運びがラク
○4段なので畳んだ時に小さくなる
☓ロックを外したら脚は手で伸ばす必要がある
☓持ち手がないので移動の時にちょっと不便
☓4段なので脚の展開と収納がちょっと面倒くさい

こう挙げてみると圧倒的にAmazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段のほうが良いですよね。

値段がSLIKのほうが高いので当然使い勝手も良いのだろうと思っていたのですが、畳んだ時の重さと大きさを除けばAmazonベーシックの三脚のほうが使いやすいです。

Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段とSLIK 三脚 GX 6400 4段を畳んだ時の大きさの比較

ただ重さは約300g強ほどの違いですが、この差は女性の私にとってはけっこう大きくて明らかに軽いのがわかります。

たまに三脚を広げたまま撮影ポイントをちょこっと移動することもあるので、この時に特に軽いと楽だなと感じました。

とはいえこの時に持ち手が付いているAmazonベーシックの三脚のほうが持ちやすいとも言えるので、一長一短なのですが・・・。

全高については、SLIKの三脚のほうが4cm低いですが特に不便は感じない程度です。

まとめ

結論としては、重さ・大きさにそんなにこだわっていないならAmazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段 がオススメ。

Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段は取っ手がついていて持ちやすい

イザ使おうとした時にロックをはずせばスンナリと脚が伸びるし、本体に持ち手がついているのが地味に使いやすいです。

でも使いはじめて一年半で壊れたので、その点が気になるところではあるのですが・・・。

SLIKのほうに関しては安い価格帯のもので考えると決して悪いわけではないのですが、ロックを外したら脚を手でのばしてあげないとならないし、本体に持ち手がないので畳む時に気をつけないと手をはさみます。

あと慣れだとは思うのですが、雲台にクイックシューを取り付ける時にスムーズにいかないんです。

またどちらの三脚にも収納バッグがついているのですが、Amazonベーシックの三脚のほうが生地がしっかりしているバッグです。

Amazonベーシックとスリックの収納バッグ比較

いちど三脚を使い始めると「なんで今まで三脚の購入を我慢してきたんだろう?!」と思うくらいにビデオカメラでの撮影が楽になりました!

私が使ってみた三脚 2機種はお値段も安いものなので「撮影していると腕が疲れる」「手で持って撮影するとどうしても揺れるので後で観るのが辛い」というなどの悩みをお持ちなら、まずは購入してお試ししてみてはいかがでしょうか?

>>Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段をAmazonでチェックする

>>SLIK 三脚 GX 6400 4段をAmazonでチェックする

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>