Thunderbird(サンダーバード)の後で送信の時にそのメールはどこに保存されているの?

今までサンダーバードでメールを書いて、後から送信しようと思った際は右上の☓印をクリックして下書きフォルダに保存していました。

でもこのあいだふと【ファイル】メニューから【後で送信】をクリックしたら、メールがどこかに行ってしまってワカラナイ~!

サンダーバードの画面

そこでどこに行ってしまったか調べてみました!

サンダーバードの“後で送信”機能って?

例えばメールを書いたのが夜中だったりした場合、その時間に相手にメールを送ると「え?!なんでこの人ってばこんな夜中に送ってきているの?!」なんて気持ち悪がられるなんてことになりかねません・・・。

そんな時に使いたいのが“後で送信”の機能。

後で送信のメニュー

これを使えば指定した時間に書いたメールを相手に送ってくれます。

…が、私の場合、この“後で送信”項目をクリックしたら、時間を指定する画面などは一切なく目の前から書いていたメールだけ消えてしまったんです!

スポンサードリンク


“後で送信”にしたあとにメールを確認したいならどうすればいいの?

ナイナイナイ~!下書きフォルダにもゴミ箱にも入ってない!
かといって送信済みトレイにも入ってない!ということは、少なくとも送信はされていないということになります。

一体ドコへメールは消えてしまったんだろう?とあちこち探してみたところありました!!!

なんとローカルフォルダの【送信トレイ】に入っていました・・・。

ローカルの送信トレイに!

何もメッセージも出ずに、こんなところに入ってしまってはわからないってば!と思いましたよ・・・。

これを送信する場合は、ファイルメニューから【未送信メッセージを送信】をクリックすると送信されて、
あとは通常と同じく送信済トレイに入りました。

未送信メッセージを送信のメニュー

わかっていればなんてことないコトですが、どこに行ってしまったの?!と焦ったので記事にまとめてみました!

みなさんも気をつけてくださいね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ゆみこ より:

    とても役にたちました。実は困ってました。

    • kyoumowakuwaku より:

      ゆみこさん、コメントをありがとうございます(^o^)
      私もわからなくて途方に暮れ、なんとか探し出しました。
      きっと同じように困っている方がいるにちがいない!と思って記事にしたので、お役に立てて嬉しいです♪
      ホントになぜThunderbirdはこういう作りになっているのでしょうね…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>