病院でノロウイルスの検査をする場合の値段は?どんなことをするの?

冬になると必ずと言っていいほど流行するノロウイルス。
発熱は大したことないものの、嘔吐と下痢の症状がひどく「インフルエンザのほうがまだマシ・・・」なんていう人も・・・。

ノロウイルスで嘔吐と下痢

特に子供は嘔吐・下痢のせいで脱水になりやすいので注意が必要です。

病院でノロウイルスの検査をした時の値段は?やり方はどんな方法でするの?

ノロウイルスはまだ治療薬がないこと、調べてもその確実性が100%未満であること、3歳未満と65歳以上の方しか保険が適用されないこと、症状が比較的早く治まることという理由により、多くの病院では検査はしていないのが現状です。

とは言え、ノロウイルスの検査結果を会社に提出する場合は受けることができます。ですが全ての医療機関が行っているわけではないので、事前に連絡をして受けることができるかどうか確認しておくとよいでしょう。

では、病院ではノロウイルスの検査はどのように行われるのでしょうか?

多くの場合、簡単なキットが使われ、便の中にノロウイルスがあるかどうか調べます。

便の採取には、自宅から持っていく場合もありますが、病院で採取する場合は、直接便を採る他、肛門に麺棒を入れて採取することもあります。陰性か陽性かは、1時間以内と短時間で分かります。

値段は、医療機関によって異なりますが、保険が適用されれば約1,000円、保険適用外であれば約5,000円です。

その他、より詳しく調べることができる精密検査もありますが、結果が出るまで数日かかり、値段も1万~2万程と高額になります。

ノロウイルスの症状は数日ほどで改善しますが、その後も最長で1ヶ月間はウイルスが体内で存在しますので、回復後も気を抜かないようにしましょう。

スポンサードリンク

そもそもノロウイルスの感染経路にはどんなものがあるの?

ノロウイルスは、嘔吐や下痢などが発症し、感染力が強いため、感染するととても厄介なものです。

しかもその嘔吐や下痢の症状が半端なくひどいことも多く、大人でもトイレから出られない・・・というような状況になってしまうことがあるほど!

子供の場合は、特にその嘔吐と下痢のために脱水症状になってしまう場合も多いです。

  • トイレへ行く回数が少ない
  • 唇がカサカサと乾いている
  • 目がくぼんで見える
  • 顔色が悪い

などの状態になっていたら、脱水の可能性があります。

経口で水分補給ができていれば改善の余地がありますが、たいていは飲んだらスグに吐いてしまうような状況なので上記のような状態になったら受診をおすすめします。我が家の息子も以前そのような状態になった時、受診して点滴治療を受けたところ落ち着き、その後は順調に治っていったことがあります。

またノロウイルスは感染経路が多いため拡散しやすいという特徴を持っています。

ノロウイルスの感染経路図

  1. 接触感染(ドアノブなどを介して感染)
  2. 飛沫感染(咳やくしゃみで飛散して感染)
  3. 空気感染(空気中に飛んでいるウイルスを吸い込んでしまう)
  4. 経口感染(感染している動物を食べて感染)

という4つの経路があるのです。

このためしっかりした手洗いとマスクが有効。

また感染している動物としては、カキが有名です。
生牡蠣はおいしいですが、そのカキが感染していると食べた後に発症してしまう可能性が高いです。そのためカキ鍋などにしてしっかり加熱して食べるのがおすすめです。

鍋物を寒い季節に食べると体が温まり、免疫力がアップするので病気の予防にも一役買ってくれますよ♪

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>