花粉症で鼻にレーザー治療をしたい場合のタイミングは?効果は本当にあるの?

花粉症の時期の鼻症状の辛さを何とかしたい!と考えて、耳にしたことのある鼻のレーザー治療について調べてみました。

鼻

そんなに多くの病院で実施されていないのですが、本当に効果はあるのでしょうか?

花粉症の対策で鼻にレーザー治療をするタイミングはいつがいいの?

花粉症のために鼻にレーザー治療を行いたい場合は、花粉が飛散を始める前の2月中旬くらいまでに処置を受けておくことが必要です。

その理由は花粉の飛散がはじまるのは例年2月下旬ころからが多く、鼻のレーザー治療を受けてから落ち着くまでにだいたい1~2週間前後かかるからです。

ただ花粉は2月初めころから微量は飛び始めるので、重度の花粉症の場合は1月中に受けておいたほうが良いということになります。

花粉症の時期到来!

またどこの病院も初診時にいきなりレーザー治療を行うのではなく、いちど診察を受けて、レーザー治療を受ける日を予約してからとなります。そのため日程に余裕をもって受診する必要があります。

さらに鼻のレーザー治療を実施している医療機関はそんなに多くありません。

我が家のかかりつけ耳鼻咽喉科でもレーザー治療は実施しておらず、住んでいる埼玉県内で検索してもあまり多くないので驚きました。

お住まいの地域でレーザー治療を実施している病院を探すなら、ネットで【鼻 レーザー治療 ○○(お住まいの都道府県名)】で検索すると出てきます。

鼻のレーザー治療の効果はほんとうにあるの?

はい。鼻のレーザー治療を受けた方の多くは、花粉症症状が軽減したという感想を持っています。

個々人によって効果がどれくらいかは違いますが、花粉飛散のピーク時期でも抗アレルギー剤を飲むことなく過ごせた!という人も多いです。そこまでではなくても抗アレルギー剤の量が以前より少なめにして、花粉症の時期がラクに過ごせたという症例が多く見受けられます。

スポンサードリンク

ただその効果は永遠ではなく、早い人で半年、長く持つ人で5年ほどです。

そのため毎シーズン前ごとにレーザー治療を受けるという人もいます。(毎年レーザー治療を受けたことによる副作用の心配はありません)

治療には保険が適用されるためそんなに高い費用が必要というわけではありませんし、日帰りで行える処置内容です。

健康保険証

とはいえ、処置をしてくれる医師の技量によっては失敗もないことはなく、レーザー治療そのものも「痛くなかった」という人と「痛かった!」という人が・・・。

事前に【鼻 レーザー治療 体験】とネットで検索して、実際に治療を受けた方の体験記を読んおくとリアルな治療方法や術後の状態がわかります。

鼻のレーザー治療に関する感想まとめ

私自身も花粉症持ちですが、小学生の息子が通年性アレルギー性鼻炎で夜も鼻をブヒブヒさせて寝ており、就寝中に鼻づまりで起きてしまったり、痰がたまって起きてしまったりと気の毒な状態なので、少しでも楽になったらいいな!と鼻のレーザー治療について調べてみました。

ただ体験記をいろいろと読んでみたところ、中にはかな~り痛い(というか激痛)おもいをされた方もいて、痛がりな我が家の息子では到底無理だな・・・と感じました。

日帰り手術とはいえ術後の受診も必要ですし、術後の経過が落ち着くまではそれなりに大変そうです。

というわけで、我が家の息子の場合はとりあえず見送りとすることにしました。

「とにかく花粉症の症状が落ち着く可能性があるならチャレンジしたい!」というのでないなら、受診可能な医療機関で実際に鼻のレーザー治療を受けた方に感想をきいて、そこの医師の腕前の良し悪しを予測できてからのほうが良いかと・・・。(といっても患者によって鼻の状態がいろいろあるので誰でも同じようになるとは限りませんが)

鼻のレーザー治療を実施している医療機関の説明には「簡単な手術」「日帰りでできる」ということが強調されがちなので、「な~んだ!そんなに簡単なら受けようっと!」と気軽な気持ちで治療を受けると「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねないので注意が必要です。

 
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>