算数で指を使って計算するのはダメなの?

現在高学年の上の子は指を使うことなく計算できていたのに、いまだに指を使って計算している小学校2年生の娘。このままではいけない!なんとかやめさせなければ!と方法がないか調べてみました。

算数

指を使って計算しているのはスムーズに計算できていないということで算数障害のおそれがあるなんていう記述もあってドキッ!

でもいろいろと読んでいくと意外な事実がわかってビックリ…。

指を使って足し算・引き算するのがどうしてダメなの?

ダメ派の理由は下記のようなものです。

1.10以上の数になると指が足りなくて計算できない

なるほど確かに指は10本しかありません。

2.指を使っていると計算が遅くなる

たしかに頭のなかでパッと計算できたほうが早いというイメージがあります。
指を使うと鉛筆をいちど置かないといけませんし…。

3.数の合成と分解(いくつといくつ)が理解できていない証拠なので矯正が必要

いまだに指を使って計算しているウチの娘。たしかに数の合成と分解が苦手でした…。

…というように、うーむなるほど!というようなものばかり。
でもさらにいろいろ読んでいくと、肯定派がいることもわかってきたんです!

算数の時に指で数えることは実は良い?!

足し算・引き算で指を使うなんてダメ!と思っていたのに、意外に肯定的な意見もあって驚きました。

OK派の理由は下記のようなものです。

1.指を使うことで脳に刺激になるのでかえってよい

ふむふむ。たしかに指先を使うことは脳へ刺激になるから良いって聞きますよね。

2.指は天然のそろばんだからジャンジャン使うべき

そう言われるとタイルやおはじきは良くて、指はダメというのはおかしいような気がしてきました…。

3.計算に慣れてくれば自然と指を使わなくなる

たしかに無理にやめさせようとするとストレスになって算数嫌いになってしまいそうな気も…。

4.指を使ったほうが確実に計算できるならそのほうがよっぽど良い

頭の中で計算するクセがついたはいいけど正解率が下がったのでは確かに意味がないですよね…。

スポンサードリンク

という具合に「なんで指を使って計算しちゃダメなわけ?」という感じの意見を、かなり多くの方が言っているんです。

そしてこの肯定派の方の中に「自分は数学が得意!」という方がかなりいることに驚きました。

さらにご自身はずっと指を使って計算しているという方の中に、

・おとなになった今でも指を使って計算しているけど数学はずっと得意という方

・大学で数学科を専攻していましたという方

・指を使って計算してるけど国立大学を卒業後はバリバリ経理やってますという方

などがいて「な~んだ!指を使って計算してても大丈夫じゃない!」とちょっとホッ!

逆に無理やり指を使っての計算をやめさせるようなことはしないほうが良さそうだな…という印象を受けました。

その後の補足

現在、娘は小学校3年生になりました。
気がつけばいつの間にか指を使って計算することはなくなっていて、しかも嫌がっていた算数だったのに「さいきん算数が好きになった~!」なんて言っているんです!!!

小2の時は70点~80点くらいが多かった算数のテストの点数も、小3になってからはほぼ90点~100点をとってくるようになりました。(学校の先生の教え方は2年生の時の担任のほうの先生のほうが上手でした)

いつから指を使わなくなったかは今ではわかりませんが、指を使うことを無理にやめさせようとしていたら算数に嫌なイメージを持ってしまっていたかもしれません。

娘が算数に良いイメージを持つようになった転換点は、かけ算九九の暗算を徹底的に覚えたことだったような気がします。九九ができるようになって計算が楽になったことで「算数って便利!」というイメージを持ったようです。

学校で九九の暗算テストに合格したあとも、確実になるまでお風呂に九九シートを貼って毎夜のように復習していたのが良かったように思います。

指を使って計算することと九九の暗算は直接的な関係があるわけではないですが、娘の様子をみていて「九九の暗算ができるようになるのって大事なんだなぁ」としみじみと感じています。

たしかに指を使って計算する様子は、大人からみるとちょっと恥ずかしい感があるかもしれませんが、その子なりに工夫してやっていることなので否定しないで様子をみたほうがよいのでは?と思いました。

お子さんによっていろいろなので一概には言えませんが、参考までに我が家の娘のその後と私の感想を追記させていただきました☆
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>