インフルエンザの予防に効果があることってどんなこと?

冬の季節になると、毎年心配されるのがインフルエンザウィルスの感染です。

寒気

その予防にはいったいどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

インフルエンザの予防にいちばん効果的なことは・・・

インフルエンザに掛かってしまうと、高熱や寒気、喉の痛み、鼻水といった代表的な風邪の症状に加え、関節の痛みや筋肉痛を伴う事もあります。また、気管支炎や肺炎などの症状も併発しやすい事から、抵抗力の弱い妊娠中の女性や乳幼児、高齢者などにはインフルエンザへの予防が特に必要です。

その中でも最も効果的であるとされるのが、インフルエンザワクチンの接種。

予防接種

インフルエンザのワクチンにはあらかじめ化学処理が施されており、感染性を無くしたインフルエンザウィルスを体内に入れる事によって、体内に抗体を作らせる事でウィルスへの免疫力を高める事ができます。

ただこのワクチンの接種から体内に抗体が作られるまでには1〜2週間程かかるため、予防接種を受けたとしてもその間にウィルスに感染してしまう事もあります。

そのため予防接種をしたからと言ってもインフルエンザ自体を完全に防ぐ事はできませんが、ウィルスに感染しても発病する確率を低くする事が可能です。

また発病してしまった場合にも重症化を予防する事ができるとあって、妊娠中の女性や乳幼児、高齢者には優先的な予防接種が呼びかけられています。

「でも今から接種しても無駄では?」と思うかもしれませんが、接種から1週間たてばワクチンの効果が出てきます。

さらに2016年はインフルエンザの流行が遅めにはじまったので終息する時期もズレ混むのでは?と言われています。ワクチンの効果は5ヶ月間ほどなので、今から摂取すればインフルエンザ流行シーズンが終わるまでカバーできると考えることもできるんですよ。

だからまだインフルエンザの予防接種をしていないという方は、受けておくことをオススメします。

インフルエンザの予防接種を受ける以外で、インフルエンザを予防する効果的な方法は?

インフルエンザは人混みに出掛けた時に感染してしまうことが多いもの。

インフルエンザだけど仕事が休めずに出勤してきている人や、インフルエンザに感染しているものの症状が出ていない人などが外出していることがあるため、そういう人たちからウイルスがばらまかれてしまうためです。

スポンサードリンク

人混み

そのようなわけで、外出時には人ごみを避けたりマスクを着用するなどの日常的な行動によってもウィルスへの感染を防ぐ事が可能となります。

マスクはたとえウィルスを99%以上カットする事ができると書いてあっても万能ではありませんが、マスクをして保湿されることで感染してもウイルスが増殖しにくくなるので有効です。

クチコミレビューで評価の高いダチョウマスク。

本当に他のマスクとの違いがわかるくらいの効果があるの?と疑っていたんですが、実際に使用してみた方々の感想がとても良いことに驚きました!価格が高めにもかかわらず、リピーターが多いです。

その他に食事は体の温まる鍋やスープなどでバランス良い栄養を摂る、室内を60%程度に加湿する、しっかりと睡眠をとる、ということで自己免疫力を高めることも大切。

自己免疫力が高ければ、インフルエンザウイルスに感染しても発症を防ぐことが出来ます。

予防接種と日頃の心がけで、インフルエンザウイルスに感染しても撃退してしまいましょう!

 
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>