花粉症の症状で熱や咳が出ることはあるの?どうすれば治るの?

熱や咳が出てなんだか風邪っぽい?と思っても、なんだか風邪と違う気もする・・・と感じる場合、花粉症の症状が出たものという場合があります。

スギ花粉症が飛散!

いったい見分け方はどのようにすれば良いのでしょうか?

花粉症の症状で熱や咳が出るなんて!

花粉症の症状は、目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどが代表的なものですが、熱や咳が出る方もいます。

私自身はたいてい花粉症シーズンの最初の微熱が続く事が多い程度ですが、花粉症仲間のママ友の一人はシーズン中ずっと微熱があるという人も・・・。

花粉症の影響で熱が出たり席が出たりするのは、体が一般的な風邪と勘違いをするために、風邪ウイルスなどが体内に入って来ていると体は反応してしまい、ウイルスを排除する為に体温を上げてしまうからです。

つまり、花粉は風邪ウイルスと同じ扱いをしてしまうように体が反応をするので、花粉を排除するために体温を上げてしまうわけ。

これによって、微熱が出てくると考えられています。

一般的な症状では、鼻水や目、耳のかゆみやくしゃみも同様の反応で起こってしまいます。
体は、花粉を体外に出そうとして、顔から上のあらゆる部位にサインを送り、体外に花粉を出そうとしています。

スポンサードリンク

また、喉にも症状が出て来る場合があります。

花粉症の場合では、喉に花粉がついているために咳が出るので、かゆみを感じます。
そのために、かゆみから咳が出てしまうことも珍しくありません。
風邪ならば、喉に痛みを伴うので判別が出来ます。

ただ鼻水が喉の方へ流れていってしまった場合は、鼻水の塩分が喉を荒れさせてしまって喉が痛くなるという場合もあるので花粉症かどうかの判定を喉の痛みでするのは注意が必要です。

花粉症の症状を軽減するためのケア対策は?

熱や咳の症状も、花粉症の治療薬を正しく服用することや出来るだけ花粉を寄せ付けないようにマスクをしたりすることで軽くすることが出来ます。

実際、前述したママ友も抗アレルギー剤を服用すれば、熱の症状が治まるとのこと。

また帰宅後の服に着いた花粉をはらうなどして、家の中に持ち込まないように注意をすることで、改善が期待できます。最近は玄関先で花粉を吸い込むために適した縦型の空気清浄機も発売されていますよ。

花粉症でも熱や咳が出ることがあるので、知っておくことで風邪と勘違いして風邪薬を飲んでしまうことを避けられるようになります。

花粉症そのものの代表的な目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などの症状ですら、場合によっては風邪と見分けがつきづらい場合もあるので、こうした他の熱や咳の症状もあり得ることを充分把握した上で、適切な正しい治療を早めに行うようにするのが、改善の早道だと言えます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>