JRのSuica(スイカ)は小学生の子供から中学生だと切り替えが必要なの?

JRのSuicaは電車でお出かけの際に便利なので小学生の子供たちにも作っておいていました。

JR東日本のこども用のsuica

ところがこのたび上の子が中学生になり「あれ?このSuicaってこのまま使えるの?」と疑問に思って、駅で質問してみたところ切り替えが必要と言われたんです。

スポンサードリンク

こども用のJR・Suica(スイカ)の子供料金はいつまで?

こども用のSuicaの子供料金がいつまで適用になるか?というよりも、子ども用Suicaが使えるのは小学校を卒業した年の3月31日までと言ったほうがわかりやすいでしょう。

それ以後は中学生となり、運賃が大人料金適用になります。

子ども用Suica購入の時には、保険証などの身分証明証を提示して購入しています。そのためSuicaの中に生年月日が記録されているので、小学校卒業の3月31日までで使えなくなるというわけです。

Suicaは中学になると子供のものから切り替えが必要!

というわけで、中学になるとこども用Suicaから切り替えしなくてはなりません。

・・・が、切り替えは実に簡単でした!

スポンサードリンク

なんと多機能券売機(黒い券売機)のある駅でなら窓口ではなくて券売機で切り替えが出来てしまいます♪また身分証明証を提示する必要もありません。

多機能券売機↓
JR東日本の多機能券売機

しかもその時間は数十秒。

すると下記のように、こども用Suicaの【小】の字が消えた状態になって出てきます。まぁ正確に言うと、よ~く見ればうっすらと【小】の字は残っているんですが(笑)

こども用suicaの小の字が消えた

これでまた中学生になった息子がスイカを使えるようになったというわけです♪

まとめ

ただこの多機能券売機がまだ導入されていない駅の場合は、JR各駅に設けられているみどりの窓口で切り替えて続きをすることになります。

中学生になると友達と電車で出掛けたり、運動部に入っていると試合へ行くために電車で移動ということもあります。そんな時はやっぱりスイカが便利です。

子ども用からの切り替えは時間もさほどかからず簡単にできるので、駅の近くで行く用事があった時のついでにぜひ手続きしておいてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>