頭皮の臭いの原因の一つである脂漏性皮膚炎ってどんなもの?

頭皮が臭いと悩んでいる人は少なくありません。毎日洗っているにもかかわらず、頭皮が臭い、かゆい、フケが出るなどの症状がある場合は、脂漏性皮膚炎である可能性があります。

頭がかゆい女性

いったいどのような症状が出て、どのような対策をすればよいのでしょうか?

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎は顔や頭に出ることが多い皮膚の症状です。

脂漏性皮膚炎の特徴は、もともと体にあるマラセチア菌が異常繁殖することで起こるとされています。

誰にでもある菌ですので、その量が一定に保たれていれば特に害が起こることはありません。

でも数が増えてしまうと、毛穴やその周辺に炎症を起こしてしまうことになります。

皮脂が多くなることで起こやすくなり、頭皮が赤くなる、ニキビのような吹き出物ができることもあり、かゆみが強く出る場合もあります。

どうしてこのような症状が出るのかは原因ははっきりとしていないものの、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどが影響しやすいとされています。

合わないシャンプーも症状を悪化させることにつながりますので、見直しも考えてみましょう。

脂漏性皮膚炎を放っておくとどうなるの?

脂漏性皮膚炎を放置していると、頭皮がかゆい、臭いが強くなるなどだけではなく、薄毛、抜け毛にもつながっていきますので、やはり早めの対策が大切です。

まずはその症状が本当に脂漏性皮膚炎であるかの確定診断を受けるためにも、医療機関を受診してみることをおすすめします。

皮膚科を受診すると、改善に役立つ医薬品の処方もありますし、治療していく上で気をつけたほうが良い注意事項などの指導も受けられます。

またビタミン不足も良くありませんので、バランスの良い食事をとれるように毎食のメニューを見直すなどして改善を目指していきましょう。

ストレス・疲労をためないためには、しっかりと睡眠を取ることも大事です。

また寝る時は、枕カバーについた汚れや雑菌を頭につけないためにも毎日変えるようにしたいです。

毎日枕カバーを取り替えるなんて面倒くさい!ということであれば、枕の上にフェイスタオルを敷いてそれを毎日取り替えるという方法もあります。

脂漏性皮膚炎の対策におすすめのシャンプーは?

シャンプーもマラセチア菌を殺菌するタイプのものもありますので、そうした商品を使ってみることもおすすめです。

いくつか頭皮対策のシャンプーは販売されていますが、
コラージュフルフルシャンプーがオススメ。

スポンサードリンク


>>コラージュフルフルシャンプーをチェックしてみる

というのも、皮膚科医が脂漏性皮膚炎の患者に勧めるシャンプーとして有名なんです。

このシャンプーを使うようになってから、頭皮のかゆみ・臭い・フケがおさまったという口コミ多数。

実際に頭皮の臭いとフケが気になりだした、思春期の我が家の息子が使ってみたところ、
3日ほど経つとまったく気にならなくなっていたのには驚きました!

ただアラフォー世代のロングヘアの私(女性です)がコラージュフルフルシャンプーを使うと、ちょっと洗浄力が強いようで髪の毛のきしみが気になりました。

そこで効果がソフトそうなオーガニック系のシャンプーで探してみたところ出会ったのが、ハーブガーデンというシャンプー&コンディショナー。

ハーブガーデンのシャンプーとコンディショナー

その名の通りいろいろなハーブを配合してあるシャンプーで、なんと天然由来成分100%。

きしみも全くなく、頭皮のかゆみ・臭いがなくなっただけでなく、髪の毛がサラツヤに復活しました♪

価格も良心的で、2ヶ月分のシャンプー&コンディショナーのセットが“ずっと半額モニター”なら4,000円で購入できます。

15日間の返金保証もあるので、一度使ってみてはいかがでしょうか?

>>ハーブガーデンを公式サイトでチェックする

まとめ

肩にフケがおちているのではいか?とか頭が臭っているのではないか?と心配では、人前に出るのも嫌になってしまいますよね・・・。

脂漏性皮膚炎はなかなか治りにくいものなので、何か一つだけ対策をすればOK!というものではありません。

皮膚科で処方された薬だけに頼るのではなく、食生活・シャンプー・睡眠なども見直して生活習慣をあらためて行くことも大事です。

あなたの頭皮の悩みが早く解消されるように祈っています!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>