インフルエンザの初期症状が咳(せき)・喉の痛み・寒気だけということはあるの?

インフルエンザの症状というと急激に高熱が出て関節痛や筋肉痛が出るというイメージがありますが、実はそうでもない場合もあるんです。

咳をする女性

我が家の体験談を紹介します!

スポンサードリンク

インフルエンザの初期症状が咳(せき)と喉の痛みだけだった夫の場合

アラフィフの我が家の夫。

今シーズン初の家族からのインフルエンザ患者となりましたが、よく聞く“いきなり高熱”というパターンではありませんでした。

最初は金曜日の夜に「なんか風邪を引いたみたいで喉が痛くてせきが出る」と言っていたんです。

翌日・土曜日の朝になっても相変わらず喉の痛みとセキが少し出るだけで、娘の自転車乗りの伴走に駆け足で付き合えるくらい元気でした(笑)

昼間も運動して夕方に帰宅。

「もしかしたら熱があるかも・・・」と測ったものの、36.9度でギリギリ平熱。

「熱っぽい気がするのは気のせいかなぁ」なんていって、そのあと買い物へ出かけて行きました。

1時間半後くらいに買い物から帰宅して、また熱を測ったところ38.3度!

これはもしかしたらインフルエンザかも?と、夫は奥の部屋にこもるように言って聞かせました。

そののち受診して、やはりA型インフルエンザと判明。

本格的に?家庭内での隔離を開始しました。

▼夫を隔離して家族内感染を防いだ体験談はこちら↓
>インフルエンザに家族がなったら対応はどうすればいいの?隔離の効果はあるの?

インフルエンザの初期症状が寒気とそののち微熱だった娘の場合

娘は昨年インフルエンザに罹ったことがあるのですが、これもまたいきなり高熱は出なかったパターンでした。

まず木曜日の朝、なんとなく元気が無い様子なので熱をはかってみたものの全くの平熱。

でも本人がしんどいなら学校を休ませようかと思ったのですが、好きな授業がある曜日だったからか「大丈夫。学校へ行く!」と言うので登校させました。

学校から帰ってきた後は習い事があり、出かける時に「寒い」というので上着を一枚さらに着せて出かけました。

お迎えに行った時もまだ寒いと言うので、家に帰ってから温かい飲み物を飲ませたところ、そのあとは「もう寝たい」と言って就寝。

朝まで寝ていました。

翌朝は37度台前半の微熱。

学校は休ませて様子をみていましたが、お昼近くなって眠いというのでお昼寝。

このお昼寝から起きたら顔がやけに赤いので熱を測ってみたところ、39度0分の発熱となっていたんです。

そして夕方になってクリニックを受診してインフルエンザ迅速検査をしたところ、A型の陽性反応が出ました。

このように娘も一気に熱が出たというわけではなかったんです。

子供の学校の先生の場合

先日、子供の通う中学校の先生がインフルエンザで数日間お休みしていました。

その先生の初期症状はひたすら鼻水だったとのこと。

水曜日から鼻水が出始め、木曜日はマスクの中が鼻水まみれの状態で授業をしていたそうです…。

先生自身もまさかインフルエンザとは思わなかったのでしょう。

スポンサードリンク

「もしこれがインフルエンザだったら、この授業の時間でみなさんに移しちゃいそうですね~」なんて冗談を言いながら授業をしていたそうです。

そしてその翌日・金曜日から熱が出てきて、医者へ行って検査をしてみたらインフルエンザであることが判明したと…。

授業を受けただけの我が子はインフルエンザにはなりませんでしたが、その先生が担任を持っているクラスでは数人の生徒がインフルエンザにかかったしまったそうです。

すでに一部のクラスではインフルエンザが流行していたのでその先生から移ったとは限りませんが、まるでその先生がインフルエンザウイルスを拡散してしまったような印象を与えたのは言うまでもありません…。

まとめ

インフルエンザといえば【38.5度以上の急激な高熱】や【身に覚えのない筋肉痛や関節痛】が突然起こるというイメージがありますが、我が家の夫や娘のように最初は普通の風邪としか思えない症状からはじまる時もあります。

実際にネットで検索してみたところ、微熱と鼻水が続いたので受診したら思いがけずインフルエンザと診断されたという人も多いです。

また軽めの症状はB型という印象ですが、上記のようにA型でも初期症状は軽めだったということもあります。

「熱が上がってきたけど初期症状は軽かったしインフルエンザじゃないだろう」と思い込まず、インフルエンザ迅速検査キットで判定がつきやすくなる発症後12時間以降になったら早めに受診してみましょう。

早めにインフルエンザの診断がつけば抗インフルエンザ薬も早めに飲めるので、高熱でしんどい期間を1日~2日ほど短くすることができます。

「え?抗インフルエンザ薬の効果ってそれだけ?」と思うかもしれませんが、高熱状態が1日~2日間短くなったらかなり違うと思いませんか?

抗インフルエンザ薬の投与を効果的な時間に受けるためには、初期症状が軽かったからそのあと高熱が出たけれどインフルエンザではないだろうと勝手に思い込まないようにすることが大切です。
 
▼当サイトのインフルエンザ関連記事
インフルエンザの検査方法ってそんなに痛いの?痛くない方法はないの?
インフルエンザの治療にかかる料金はどれくらい?
インフルエンザは治療しないでも自然に治るの?
インフルエンザの治療は48時間以上を経過したら意味がないの?
インフルエンザに家族がなったら対応はどうすればいいの?隔離の効果はあるの?
インフルエンザの治療で病院へ行くタイミングは?治療薬は本当に効果があるの?
インフルエンザは潜伏期間でも感染するか?またその感染期間はどのくらい?
インフルエンザを治療している時はどんな食事をとるのがオススメ?
インフルエンザの発症とはどんな症状が出てからのことを言うの?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>