インフルエンザの発症とはどんな症状が出てからのことを言うの?

インフルエンザに罹っても初期症状はただの風邪のようなこともあり、しばらくして高熱が出てインフルエンザの検査をしたら陽性と出たということもあります。このような場合、インフルエンザの発症とはいつからを指すのでしょうか?

考え中

また出席停止期間に定められている発症後5日・解熱後2日という決まりは、どのようにして数えればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザの発症とは?!

インフルエンザにかかっていても、最初のうちはちょっとカゼを引いたかな?くらいの症状しか出ないことがあるのを知っていますか?

でも実はこのような軽い症状が出始めた段階から“インフルエンザを発症した”という定義が当てはまります。

他人に感染させる力も、高熱が出ている時ほどではないもののあります。

インフルエンザというと突然に高熱が出たり、関節痛を伴ったりすることが知られていますが、必ずしもそうではないことも覚えておきましょう。

また逆に、突然に高熱が出ても必ずしもインフルエンザとは限りません。

アデノウィルスや溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症、乳児の場合は重症化しやすいRSウイルス感染症などの可能性も…。

カゼもインフルエンザも自然治癒可能な病気ではあります。

でも元気がない・顔色が悪い・ぐったりしている・何だかいつもと様子が違う感じがする…などの症状がある場合は、かかりつけ医や休日夜間急患診療などを受診するようにしましょう。

インフルエンザの発症後5日かつ解熱後2日とはいつから数えるの?

インフルエンザの発症とは、初期の軽い症状が出た時からであるということを上記で書きました。

…が、登園・登校の基準であるインフルエンザの発症後5日かつ解熱後2日のカウント基準は熱が出てからとされています。

そして発症した日は0日と数えるのがポイントです。

前回の記事で我が家の夫がインフルエンザA型を発症したことを書きました。

夫の場合は土曜日に発症(発熱)し、木曜日までは熱が早く下がっても外出しないようにと医師からの指導が…。

▼夫の発症パターン

  • 土曜日に発熱(この日が0日)
  • 日曜日は発熱継続(この日が発症1日後)
  • 月曜日の夕方解熱(この日が発症2日後)
  • 火曜日は一日平熱(この日が発症3日後)
  • 水曜日も一日平熱(この日が発症4日後)
  • 木曜日も一日平熱(この日が発症5日後)
  • 金曜日から出勤OK!

ただ注意が必要なのは、解熱した日が発症4日後または5日後だった場合はそこのプラスして解熱後2日というカウント基準を当てはめる必要があります。

スポンサードリンク

つまり上記の場合だと、水曜日の発症4日後に解熱したなら、その日が解熱0日となるので出勤は土曜日から、木曜日の発症5日後に解熱したなら出勤は日曜日からとなるわけです。

でもこれってあくまでも学校保健安全法で定められている基準なので、出勤(出社)停止の基準が公に決められているというものではないんですよね。

職場によっては基準が定められている場合もありますので、勤務先に確認してみるのがベストです。

まとめ

というわけで、インフルエンザの発症した日と出席停止の基準を考える日はちょっと違う場合があるというお話をしました。

(インフルエンザ発症の定番である突然の高熱が出るパターンなら、その日が0日でわかりやすいのですが)

でも社会人の場合、学校保健安全法で定められているようになかなか休める職場ばかりではないと思います。

特に電車通勤・通学をしている方は、インフルエンザに罹っているけれど休めない社会人と接触してしまう機会が多いです。

十分な睡眠・栄養をとって自己免疫力をアップし、感染しても発症しない体づくりをしておきましょう!

▼当サイトのインフルエンザ関連記事
インフルエンザの解熱剤にロキソニンが処方されたけど安全なの?
インフルエンザの初期症状が咳(せき)・喉の痛み・寒気だけということはあるの?
インフルエンザの治療にかかる料金はどれくらい?
インフルエンザは治療しないでも自然に治るの?
インフルエンザの治療は48時間以上を経過したら意味がないの?
インフルエンザに家族がなったら対応はどうすればいいの?隔離の効果はあるの?
インフルエンザの治療で病院へ行くタイミングは?治療薬は本当に効果があるの?
インフルエンザは潜伏期間でも感染するか?またその感染期間はどのくらい?
インフルエンザを治療している時はどんな食事をとるのがオススメ?

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>