池袋駅東口地下道の39番と40番出口の開いている時間は?

池袋

池袋東口方面の地下道にある、39番と40番出口を利用した際のレポートです。

何線も乗り入れるターミナル駅の池袋駅ですが、地下と地上の行き来があまりよくない印象があります。

実際、39番と40番の出口も昔からの出口ままで、整備されているという感じではありません。

池袋の39番出口の営業時間は?

池袋の39番出口は、池袋駅地下道の最果てにある地下出口。

空いている時間は、朝7:00~夜21:00までとなります。

この39番出口。

角栓の池袋駅から5~6分は歩きます。

最後の直線は人通りも少なく、ちょっと世紀末ちっくです。

エスカレーターやエレベーターはなく、うねうねと階段を登って地上に出ます。

雑居ビルに直結している、本当に小さな出口です。

池袋の40番出口の営業時間は?

池袋の40番出口は、前述した39番出口の手前10mほどの場所にあります。

営業時間は、39番出口と同じです。

Rakuen TOWNというパチンコ屋が入っているビルに直結していて、39番出口と同じくエスカレーターやエレベーターはありません。

スポンサーリンク

ただ写真をみてもらうとわかるように、39番出口よりも階段幅は広い作りになっています。

パチンコ屋の入っているビルのため、開店前には地下道の入口にも行列ができるのが特徴です。

池袋の39番・40番出口から南池袋公園までは徒歩何分?

39番・40番出口からは、広い芝生で人気の南池袋公園まですぐです。

39番の方が近くて、徒歩1分という公式サイトの情報にウソはありません。

40番出口からは徒歩2~3分くらいの距離ですが、途中に信号があるので信号待ちをするとプラス1分くらいかかります。

39番と40番出口で違う点は、39番は地上に出たら右に進み、40番は地上に出たら左に進むと、南池袋公園があることです。

反対に進んでしまうと、池袋駅に戻ってしまいますからご注意ください。

まとめ

池袋駅の地下道は、新宿駅や東京駅のように大規模ではありませんが、雨の日・暑い日・寒い日などはやはり便利な存在です。

39・40番出口は、池袋駅東口の人混みを歩かずに、南池袋公園のすぐ近くまで行くことが出来ます。

ただ両出口とも、エレベーターがないため、ベビーカーや車椅子では利用しづらい出口になります。

エレベーターを利用したい場合は、34番出口ならエレベーター設備があります。

池袋駅の地下道は、バリアフリー設備が少なめなのでご注意ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました